FC2ブログ


スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブショネ?

2018. . 28
先日の話。

行きつけの焼き鳥屋でワインと焼き鳥に舌鼓を打ち、それからこれまた行きつけのバーにワインを飲みに行った時でした。

なんでそうなったのか覚えておりませんが、マスターとブショネの話になりました。

で、私が「ブショネって明らかに不味いの?」というド素人的なことを聞いたら、マスターが「今、白のブショネワインがありますよ」と、それをグラスにひと口分注いでくれました。

さらに、同じ銘柄でブショネではない方のもグラスに注いでくれました(こちらは有料!)。

飲み比べが出来る!と一瞬喜んだものの、焼き鳥屋から合わせると7~8杯は飲んでるので、せっかくだけど もはや味なんか分かるもんかって感じでした。(+o+)

それでも喜んで飲み比べてみました。




すると、温度が違うこともあるのですが(ブショネの白はセラーに入れてないから生ぬるかった)、明らかに味が違いました。

しかしながら、自分のバカ舌は、もはやそれを「不味い」と判断できず、「明らかに違うけど、こーゆー味のワインなのかなーって感じだなぁ」って言いました。

でもマスターはこのブショネの白は不味いと断言。
臭いだけでも分かると。


酔っ払っていたのが本当に残念でした。
じゃあシラフの時に飲んでみたいから譲ってくれと言うと、こういうのは料理に使うので捨てないそうです。


ブショネって、確か3~8%くらいがそうだと聞いたことがあります。
ということは、私も100本買って飲んだうちの、3~8本はブショネだったということ。

確かに「不味い」というワインはありましたが、それがブショネだからなのかどうかは未だに不明なのです。

これを判断できないと、ワインエキスパート資格保持者としては失格!



ということで、まずは知識面から「ブショネ」について勉強しました。

次回アップします。

 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://wine519.blog.fc2.com/tb.php/278-0eaaff6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。