FC2ブログ


スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2014

2018. . 23
本日のワインは「アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2014」。

2018-8-19.jpg
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2014
(生産者) レ・ヴィッレ・ディ・アンタネ


いやー、これ家でゆっくりと飲んでみたかったんですよねー。
やっと実現しました。


アマローネと言えば、ワインを勉強している人はご存じかと思いますが、
ヴェネト州ヴァルポリチェッラ地区で造られる高級DOCGワイン。
「アマローネ」は「苦み」という意味を持ち、陰干ししたブドウを使用してする伝統的な製法を用います。


普通は5千円はすると思いますが、3千円ちょっとで見つけてしまったのです。
そりゃ買うでしょう!



超楽しみにコルクを抜きました。

フチに赤みのある落ち着いたガーネット。
思ったより色は濃くはありませんでした。

グラスに鼻を近づけます・・・
濃厚なカシスにドロドロしたインクのような香り。
うぉぉやっぱり凄そう。


口に含みます・・・
骨太のボディと凝縮された果実味が強烈に胃を下っていきます。
果実味、酸味、タンニンのバランスが良くて文句なしのワイン!!!
久しぶりに本格派濃厚ワインに出会った感じです。

ラベルでアルコール度を確認したら、なんと15~16度と書いてありました。

先日飲んだ、いくらでも飲めそうなバローロとは全く別の性質ですが、
これはこれで大好き。

次回はローストビーフと一緒に飲みたいなと思いました。


 
スポンサーサイト


バローロ 2013

2018. . 22
本日のワインは、「バローロ 2013 テッレ・ヴィーノ」。

2018-8-18.jpg
久々のバローロ。

ご存じ、イタリアはピエモンテ州のネッビオーロから造られる”王のワイン”「バローロ」です。

バローロと言ってもピンキリですが、
今回注文したのは、2030円の超コスパのバローロです。



透明感のある赤みを帯びたルビー色。
ラズベリー、独特の赤サビっぽさ、クレヨンのような熟成感のある香り。
複雑ないい香りです。

ブルゴーニュのピノを感じさせるようなエレガントな果実味と酸味の中にしっかりとした骨格があり、私は好きです。

王のような風格までは感じませんでしたが、
重すぎず、どんな料理にも合う感じで、気付いたら1本空けてたってパターンのワインです。

自分はこういうタイプの赤が最近は好みだなぁとつくづく思いました。


 


パヌール シャルドネ2017

2018. . 18
本日のワインは、「パヌール シャルドネ2017」。

2018-8-17.jpg

生産者:ビニェードス・エラスリス・オバリェ

チリの白ワインです。
チリの安旨ワインは数々飲んできましたが、これまたいいコスパワインを見つけました。


色は、落ちついたゴールド。

白桃、パイナップル、レモン、グレープフルーツなどの香りが、キンキンに冷やしている状態にも関わらず、グラスから溢れ出ています。
温度がもう少し高ければ、とんでもない凄い香りが爆発していたことでしょう!

口に含んだ瞬間、果実味たっぷりでゴージャス、しっかりとしたコクがあり「美味い!」と感じました。
樽香もあり、アルコールの強さも感じます。

いかにもチリのシャルドネだなぁ~という1本ですが、
このクオリティで価格700円台という超コスパの白ワインでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。