FC2ブログ


マルサネ クロ・デュ・ロワ 2015

2017. . 17
本日のワインは、「マルサネ クロ・デュ・ロワ ドメーヌ・エルヴェ・シャルロパン 2015」。

2017-8-16.jpg
マルサネ クロ・デュ・ロワ ドメーヌ・エルヴェ・シャルロパン 2015

2,120円くらいのブルゴーニュのピノ・ノワールです。



実はコレ、行きつけのバーのマスターに
「安くて美味しいお薦めのブルゴーニュのピノは?」
と聞いて、紹介してもらったシロモノ。


明るく輝きのある紫がかったルビー色。

注いですぐに鼻を近づけると、
2015年ヴィンテージにしては熟成したような、
どちらかと言うと、ピノというよりもカベソーやメルローと間違えそうな・・・。

でもグラスを回すと一気に香りが変化。
ピノ・ノワールのエレガントな香りが広がりました。

ピノらしいラズベリーのような酸味が口に広がり、
なめらかな可愛い感じもありつつ、しっかりとした骨格を感じました。


うん、さすが!
これは美味い!
コスパもいい!

唯一の不満(不満ではないけれど・・・)は、時間が経つと酸味が目立ち過ぎてしまったこと。一緒に食べたものが原因だったかも知れませんがね。笑


 
スポンサーサイト


カリフォルニアのシャルドネ対決

2017. . 16

本日のワインは、カリフォルニアのシャルドネ対決。

カリフォルニアのシャルドネは、樽香が強く、バターやナッツの香りが満載、酸がまろやかでアルコール感が強いというイメージ。

さて、この2本はいかに!?

2017-8-7.jpg
左は「ケンダル・ジャクソン ビントナーズ・リザーヴ・シャルドネ2014」。
右は「マホーニー ギャビン・ヴィンヤード・シャルドネ2014」。


色は、どちらも濃い目のイエローですが、ケンダルの方がゴールドに近い。

香りは、どちらも予想通り、バター香があり、マホーニーの方ははちみつの香りも感じました。

味は、ケンダルはまろやかで芳醇な風味、マホーニーの方はアルコールの力強さが目立ちミネラル感もあります。


アルコール度数は、ケンダルが13.5%、マホーニーが13.8%。
シャルドネにしてはやはり度が高いですね。

値段もほぼ同じで、前者が2,820円、後者が2,790円。


最初は、ボリューム感のあるマホーニーがいいかなと思いましたが、飲み進めるとケンダルの芳醇さが目立ってきました。

まあどっちが勝ちということもないのでしょうけれど、
どちらかに軍配を上げるとすれば、ケンダルかな。


もちろん美味しくいただきましたが、
両方とも私の好みの白ワインではないです。


 


ヴィーニョ・ヴェルデ対決

2017. . 08

本日のワインは、ポルトガルで有名な ”緑のワイン” ヴィーニョ・ヴェルデ
2種類を購入したので、同時に開けて飲み比べました。

2017-8-3.jpg

左が「アンジョス・デ・ポルトガル ヴィーニョ・ヴェルデ」
右が「ヴィーニョ・ヴェルデ ヴェルデガ・ブランコ」。

ヴェルデガのラベルは、ニワトリが特徴的で忘れられませんね。

どっちも、「京橋ワイン」にて、税抜き価格980円。



ぶどう品種も面白く、てか知らない品種で、

アンジョスが、
アリント35%、ロウレイロ35%、トラジャドゥーラ30%
ヴェルデガが、
ロウレイロ40%、アリント30%、トラジャドゥーラ30%




さて、飲み比べた結果は、

アンジョスは、淡い黄緑がかったイエローで、シトラスのような爽やかな香り。
フレッシュなラムネを飲んでいるようです。

ヴェルデガは、アンジョスより少ししっかりした色、レモンの香りをベースにフローラルさも感じます。
ほんのりシャンパーニュのようなバター香もあります。
レモンのような酸がコクを出しているようでした。


強いて言えば、
ワインだけを楽しむならヴェルデガ、
食事のお供として楽しむならアンジョス、
って感じでしょうかね。

いずれにしても、
かなり冷やして飲んだのですが、どっちも最高でした!(^^)/