FC2ブログ


メインの白ワイン

2015. . 29
白ワインのテイスティングは特に自信がありません。

まず最重要の3品種のテイスティング勉強から始めています。

2015-8-29.jpg
シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの御三家です。

最初にブラインドでやってみたら全ハズレ。(T_T)
翌日の朝は全正解、その日の夜は1つだけ正解。

あぁ やはり分からない。

主要3品種の特徴を記しておきたいと思います。

◎シャルドネ
 ・風味にコレといった特徴がない
 ・マロラクティック発酵をしていることが多いので酸味がまろやか
 ・樽のニュアンス
 ・ミネラル感
 ・「迷ったらシャルドネ!」

◎ソーヴィニヨン・ブラン
 ・緑や青草のを思わせる香り
 ・グレープフルーツやパッションフルーツ
 ・酸がやや強め
 ・余韻が長い

◎リースリング
 ・見た目も香りも”黄色”
 ・華やかでフルーティという印象はない
 ・熟成すると石油っぽい臭い
 ・余韻にハチミツなどほんのり甘み

しかし、こうは言っても、国によって、生産者によって、ヴィンテージによって異なってくるし、この品種と国を当てるのは至難の業だと思います。まったく自信はありませんが、できることをやっていくしかありません。

やるっきゃない!

 
スポンサーサイト


ワイン以外のテイスティング

2015. . 28
 
本日、ワインエキスパート一次試験の合格発表です!
どうか合格してますように!!

さて、まだ一次に合格してもいないのに、勝手に二次試験対策スタートしています。

あらかじめ購入しておいたコメント付き二次試験対策ワインセットで、白のテイスティングの練習をしようと思いましたが、冷やすのを忘れていたので、今日はワイン以外の味を勉強することにしました。

あ、ちなみにワインエキスパートの二次試験では、
スティルワイン赤2種類、白2種類、
そしてワイン以外が2種類、
計6種類のテイスティングをしなければなりません。


個人的には、ワイン以外の2種類が最も自信がありません
だって、シェリーは昔一度しか飲んだことないし、ポートやマデイラなど飲んだことがありません。ウィスキーとバーボン、ブランデーは飲みますが、味の違いすら意識してこなかった・・・というのが現状です。

とにかく、いろんなものを飲んで舌に記憶させるのが良いと思い、先日、片っ端から家にあるワイン以外のアルコールを集めてきました。

2015-8-25.jpg

あったのは、ドライヴェルモット、カンパリ、ゴールドラム、ホワイトラム、大五郎、ブランデー、ウィスキー、純米酒の8種類。

お、けっこうあるぞ。

これをストレートで少しずつ、色、香り、味を確認していく作業。
けっこう楽しいな・・・ ^^;


でもぜんぜん足りない。
シェリー、ジン、バーボン、テキーラ、ポート、マデイラ、コニャック、アルマニャック、グラッパ、シードル、カルヴァドス・・・試験ではガリアーノとかアマレットといったあまり聞き慣れないのも出題されているじゃないか。

もっともっと種類を飲まなくちゃ!
しかし金がいくらあっても足りませんね。泣


 


ワインエキスパート一次試験

2015. . 24
本日(もう昨日になっちゃったけど)、ワインエキスパート一次試験を受験してきました。

ここ1ヶ月は10分でも時間が空けばワインの勉強という日々。

ホント、もう頭がおかしくなるんじゃないかというくらいに。

いかんせん、やればやるほど分からないことが出てきたり、
これも覚えなくちゃ、あ、あれも覚えなくちゃ、ん?そもそもこれはどういう意味だ?とか、それはもう苦痛の日々でした。

覚えては忘れ、思い出しては忘れ・・・の繰り返し。
(経験がある人は良く分かると思います!^^)


8月初旬には、思い切って、東京での直前対策セミナーに参加し、
丸2日間 箱詰めで猛勉強しました。

それだけやっても、まだ覚えられていないこと、理解していないこと、
手がつけられていない分野・内容がたくさんあるのです。


思うに、ソムリエやワインアドバイザーを受験する方々は
ワインにかかわる仕事に就いている方々なんですよね。
日々何かしらワインと向き合っていられる・・・

ワインエキスパートを目指している人って、そうした仕事をしている人以外。

でも試験レベルは同じ。試験内容が同じなわけで。
だから圧倒的に不利ですよ。

とはいえ、好きだから自分で始めたんですから文句を言っても仕方ないんですけどね~。

とにかく、ソムリエ協会の会員にもなったし、田辺由美先生の通信講座も受講したし、直前対策セミナーにも出たし、金いくら使ったんだ?というくらい使ったので、半端にやるわけにはいきません。

現時点で自分のできる範囲でベストを尽くしました。
それで本日のワインエキスパート試験に臨みました。




いやぁ、難しかった・・・
「日本に関する部分が増えるよ」とは聞いていましたが、予想以上に多かったし、食品衛生の項目などはほとんど手付かずだったので、常識の範囲で考えて答えるしかありませんでした。

そして今回も130問でした。

じっくり考えていると時間がなくなるので、
例えば、1番目が正解と思ったら、もう2番目以降の選択肢は見ないでガンガン飛ばしていきました。

結果、10分前に終わりました。



家に帰ってきて、強烈な解放感の中で美味いワインを飲みながら自己採点をしました。

あくまで自己採点ですが、77%の正解率です。
だいたい7割で合格と言われているので、何とかなったかもしれません。


今週金曜日に発表です。

もちろん合格したいけど、
もう今は合格でも不合格でも、とにかくここまで頑張った自分に満足しています。
なんかカッコつけた言い方ですが、これが本音です。


もし一次試験に合格していれば、次は10月の二次試験です。
でも1週間くらいは試験のことは忘れてゆっくりとしたいです。

明日はワインでなく日本酒でも飲むかな!^^