FC2ブログ


ワイン講座2014

2014. . 24

私の職場(公民館的な施設)で開催している「ワイン講座」で、今回初講師を務めました。
といっても前半の基礎部分の約30分ですが。
内容はメチャクチャ基礎の基礎です。

2014-11-21(1).jpg

テーマは「ニューワールド」。
フランス、イタリア、スペイン、ドイツ・・・などのワイン伝統国に対して、
アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、チリ、アルゼンチンなどのワイン新興国を
「ニューワールド(新世界)」と呼びます。


そして、後半はソムリエの師匠の出番。
ニューワールドのワインを試飲しながら、じっくりとソムリエの奥深い知識をお聞きしました。
やはりレベルが違い過ぎます・・・^^;


講座では1人2,500円で、なんと10種類10本のワインを頂きました。
もちろんチーズやバケットも付いてます。
お得で楽しく、そして勉強になる街のワイン講座です。
私がこの職場にいる以上はワイン講座は永久に不滅です!


2014-11-21(2).jpg
師匠と私。 そして10本のワインたち。

 
スポンサーサイト


コルビエールの赤ワイン「ラ・バロンヌ レ・ラーヌ2011」

2014. . 20
先日、仕事が早く終わったので、いつものバーへ。

そして、いつものように まずは白ワインとサラダ。

2014-11-17(1).jpg
今日は濃厚チーズのサラダでした。


そして、いつものように「何か面白い赤ワインのがあればそれを!」と。
(※面白い=美味しい又は珍しい)

そんな無茶振りに開けてくれたのが、
フランス・コート・デュ・ローヌ地方はコルビエールの赤ワイン「ラ・バロンヌ レ・ラーヌ2011」。

2014-11-17(2).jpg
これまたいつもの「ソーセージとレンズ豆」を頂きました。


ラ・バロンヌ レ・ラーヌを飲んだ直後、
「これイイっすねー!すごく美味い!」と、自然と声に出ました。

葡萄品種は、カリニャン、グルナッシュですが、
マスター曰く「カリニャン独特の旨みが私は好きです」とのこと。

うーむ、どれがカリニャン独特の旨みが分からない・・・(@_@;)


とにかく、これが2千円以下だというのです。
これはまとめ買いだ!と思い、マスターに5本注文。
(もちろんバーの仕入れ価格で!)

あぁ、バロンヌ君が来るのが楽しみです!^^


 


ビオ・ワイン「シノン・ルージュ ソン・ポーソン・ピュール・ジュ 2011」

2014. . 15
久しぶりの更新となってしまいました。
もちろんワインはしっかり飲んでます!

さて、本日のワインは、
「シノン・ルージュ ソン・ポーソン・ピュール・ジュ 2011」。

フランスはロワール地方・シノンの赤ワインです。
以前、シノン・アシレーにハマったという記事を書きました。

シノン・アシレー

このアシレーの生産者・ベアトリス・エ・パスカル・ランベールのビオ・ワインです。
カベルネ・フラン100%です。

2014-11-15.jpg
シノン・ルージュ ソン・ポーソン・ピュール・ジュ [2011] 2,140円(税込)

「100%ピュアジュース」というだけあって、フルーティでタンニンもしっかり。
アシレーと同じくとても好きな味でした。

カベルネ・フランはよく青臭いとかピーマン臭いとか言われますが、
全然そんな香りではなく、この値段でこの味ならば私的には「まとめ買い」です。

実は、もう1本、パスカル・ランベールのビオ・ワインがあります。
明日にでも飲んでみたいと思っています。

楽しみ、楽しみ・・・(^○^)