FC2ブログ


チーズ検定を受験!

2013. . 20
本日チーズ検定を受験してきました。

テキストは簡単に思えたのですが、テストの問題は意外と難しく、少し焦りました。

チーズの種類や原産国を一生懸命に覚えて臨んだのですが、それよりもチーズの歴史やミルクの成分、チーズの成分などの正誤問題が多く、迷いました。

試験前の講習会をしっかり聴いていなかったら落ちていたかもしれません・・・ってまだ合格した訳じゃありませんが(笑)。

でも、これでワインとチーズの基礎は身に付きました。
これからは、より詳細を勉強して、ワインはシルバークラスとそして最終的にはエキスパートを。チーズはチーズプロフェッショナルを目指したいですね~!

いや、しかし資格を取るのが目的ではなく、やっぱり最後はソムリエとして店を出したいなぁ…。(*^^*)

あ、ちなみにワイン検定シルバークラスは来年6月頃に予定されているそうです。

 
スポンサーサイト


アグリコーラ・プニカ・サッシカイヤ・モンテッス 2010(イタリア)

2013. . 15
本日のワインは、「アグリコーラ・プニカ・サッシカイヤ・モンテッス 2010(イタリア)」。


イタリア・サルデーニャ産の赤ワインです。

2013-10-14.jpg
アグリコーラ・プニカ・サッシカイヤ・モンテッス 2010

ぶどう品種は、カリニャーノ 60%、カベルネ・ソーヴィニヨン 10%、カベルネ・フラン 10%、メルロ 10%、シラー 10%。




色は薄めのガーネット。
落ち着いた熟成香、これは間違いなく美味いだろうな…と思わせる香り。
グラスを回すと粘り気があり、アルコール度の高さを感じました。


味は、透明感のある色からは想像できないタンニンの強さ、しっかりとした酸味、これは美味い!


さっそく、このワインを調べてみました。




イタリアの至宝「サッシカイア」を生んだ名醸造家ジャコモ・タキスと、サルデーニャのワイナリー「サンターディ」が手を組んだ豪華プロジェクトがこの「アグリコーラ・プニカ」です。


さて、メインのぶどう品種である「カリニャーノ」とは、フランスで言う「カリニャン」。元々はスペイン・アラゴン州サラゴサ県のカリニェナ村が原産地で、その村名からスペインでは「カリニェナ」と呼ばれています。


現在ではイタリアのサルデーニャ島を中心に栽培されていて、フルボディでアルコール度数もしっかりしています。


2800円と、私からすれば決して安くはありませんが、この品質ならまた購入したいと思える一品でした!