FC2ブログ


盛岡会場

2012. . 25
 
少しずつ、少しずつ、ワインの知識を増やしています。

やっぱ一気には無理。

少しずつ、少しずつ・・・。


さて、今年から始まる「ワイン検定」ですが、
東北は青森の弘前、あるいは福島しか無かったのですが、
ようやく盛岡会場で受験できるようになりました。


いよいよです。

まずは、ワイン検定ブロンズクラスを取って、来年にシルバークラスを取って、
そして再来年あたりは難関のワインエキスパート資格にチャレンジ!

最終的には、実践を積んでソムリエの資格が欲しいなぁー。

ソムリエはお店での実戦経験がないと取れない資格なので、
少し遠い目標になりますが、いつかきっと取ります!



 
スポンサーサイト


ボルドーの基礎(1)

2012. . 09
ワインと言えばフランス、フランスワインと言えばボルドー。
自分もボルドーワインが最も好きです!

AOCワインの3分の1を生産し、その生産量は、チリやオーストラリア一国の生産量に匹敵すると言われるボルドーから知識を入れていくことにします。

自分の記憶能力を考えた時、細かいことを一度に覚えられないでしょうから、まずは「基礎の基礎」から。


*******************************
【1】ボルドー地方の3つの川
*******************************
 ●ジロンド河(河口の太い川)
 ●ドルドーニュ河(ジロンドから東に別れる)
 ●ガロンヌ河(ジロンドから南東に別れる)

*******************************
【2】ボルドー右岸と左岸
*******************************
 ●ボルドー左岸:ジロンド河、ガロンヌ河の左岸一帯。
         カベルネ・ソーヴィニヨン品種を中心として、
         長熟で骨太なワインが造られる。
 ●ボルドー右岸:ジロンド河、ドルドーニュ河の右岸一帯。
         メルローやカベルネ・フランを中心として、
         柔和でまろやかなワインが造られる。

*******************************
【3】ボルドー五大産地
*******************************
 ●左岸:メドック地区、グラーヴ地区、ソーテルヌ地区
 ●右岸:サンテミリオン地区、ポムロール地区

*******************************
【4】地区ごとの特徴
*******************************
 ●メドック地区 : 赤。カベルネソーヴィニヨン。
 ●グラーヴ地区 : 赤白両方。カベルネソーヴィニヨン。
 ●ソーテルヌ地区 : 甘口の高級デザートワイン。セミヨン種。
 ●サンテミリオン地区 : 赤。メルロー中心。
 ●ポムロール地区 : 赤。メルロー中心。


ボルドーを勉強していく上で、最低限これだけは絶対に覚えなければいけないという部分をまとめました。さ、暗記、暗記。がんばります!