FC2ブログ


スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロゼの魅力

2018. . 11
ロゼワイン5本セットを購入しました。

ローヌのタヴェルロゼを筆頭に、
プロヴァンス地方、南西地方、ラングドック地方、ロワール地方のロゼが5本セットになっています。

2018-7-11 (1)

いいですね!
もう見ているだけで美しい!

それぞれ色合いが異なります。
薄いピンク、濃い赤紫、薄めのオレンジ・・・


2018-7-11 (2)

スマホですが、フラッシュをたくだけでこんなに光り輝きます。
(実際はもっともっとキレイ!)

食べ物って色がとても大事だなーと最近思うようになりました(遅っ)。
舌で味わうだけではもったいない。
目でも楽しめれば2倍楽しいですから!

目で見た瞬間に脳が「美味そう」って反応して
パブロフの犬並みにヨダレがたれてしまうのです。

ロゼワインには、白よりも赤よりもそんな楽しみがあると思います。



こいつらをキンキンに冷やして暑い日に飲もうと思っています。
最低でも5日間は楽しめるゾー!!(^O^)/


 
スポンサーサイト


やっぱり行かない!

2018. . 08
市内で一番大きな酒屋●●●●があります。
品揃えも一番で、ワインもダントツたくさんあります。
業者が全部用意してくれるのでしょうけれど、ワイン1本1本に説明があって分かりやすい。

でも自分は数回行ったきりで、普段は種類が少なくても別の店で買っています。

なぜなら酒屋●●●●には行きたくない点があるから。

店員が不愛想。
複数本のボトルを仕切りなしに袋に入れて渡す。

ですねー。

まあ店員の不愛想はよくある話だし、百歩譲って許しましょう。笑
でも仕切りを入れないのが許せません。

ここ数年行っていないので、もしからしたら改善されているかも!?と思い、昨日久しぶりに行き、ワインを3本購入しました。

レジに持っていくと、あぁやっぱり・・・。

相変わらず3本をレジ袋に突っ込み、仕切りの緩衝材はナシ。

その店は車で行くしかないような立地なので、ほぼ間違いなく車内でガチャンガチャンとなるわけです。

経費節減?
お客軽視?
お酒蔑視?

数年経っても変わっていないということは、たまたま店員が忘れていたとかではなく店の方針なのでしょう。

ということで、やっぱり私はこの酒屋には行きません。



だいたい1ヶ月に2万円くらいはお酒を買っていると思うので、1年で24万円。
私みたいな人が10人いるだけで、年間240万円の売り上げを損しているわけです。
20人いたとしたら、480万円ですよ。
もったいない・・・。(>_<)

 


ブショネ?

2018. . 28
先日の話。

行きつけの焼き鳥屋でワインと焼き鳥に舌鼓を打ち、それからこれまた行きつけのバーにワインを飲みに行った時でした。

なんでそうなったのか覚えておりませんが、マスターとブショネの話になりました。

で、私が「ブショネって明らかに不味いの?」というド素人的なことを聞いたら、マスターが「今、白のブショネワインがありますよ」と、それをグラスにひと口分注いでくれました。

さらに、同じ銘柄でブショネではない方のもグラスに注いでくれました(こちらは有料!)。

飲み比べが出来る!と一瞬喜んだものの、焼き鳥屋から合わせると7~8杯は飲んでるので、せっかくだけど もはや味なんか分かるもんかって感じでした。(+o+)

それでも喜んで飲み比べてみました。




すると、温度が違うこともあるのですが(ブショネの白はセラーに入れてないから生ぬるかった)、明らかに味が違いました。

しかしながら、自分のバカ舌は、もはやそれを「不味い」と判断できず、「明らかに違うけど、こーゆー味のワインなのかなーって感じだなぁ」って言いました。

でもマスターはこのブショネの白は不味いと断言。
臭いだけでも分かると。


酔っ払っていたのが本当に残念でした。
じゃあシラフの時に飲んでみたいから譲ってくれと言うと、こういうのは料理に使うので捨てないそうです。


ブショネって、確か3~8%くらいがそうだと聞いたことがあります。
ということは、私も100本買って飲んだうちの、3~8本はブショネだったということ。

確かに「不味い」というワインはありましたが、それがブショネだからなのかどうかは未だに不明なのです。

これを判断できないと、ワインエキスパート資格保持者としては失格!



ということで、まずは知識面から「ブショネ」について勉強しました。

次回アップします。

 


白ワインの整腸効果

2018. . 01
最近、ワインを飲んでもブログに載せるのが億劫になってきています。こうやってブログって自然消滅していくんだろうなーとか思ったりして。
いやいや、ワインエキスパートへの道は長いのだ、ここでやめるわけにはいきません。


さて、本日は少し雑談を。

赤ワインのポリフェノールが、高血圧予防、動脈硬化予防、ガン予防、アンチエイジングなど様々な効果があると言われていることは有名なので何となく誰もが知っていると思います。

一方、白ワインの効能が言われることってあまりないですよね?

フランス人は生ガキをよく食べますが、生ガキってかなり雑菌が多く危険な食べ物でもあるのはご存知の通りですが、一緒に白ワインを飲むんですよね。白ワインには殺菌効果があるので、そういった知恵なんでしょうね。

実は私は、あまりお腹が強い方ではなく、不衛生なものや古いものを食べるとすぐに腹を下します。

そういう意味で、最近ではお刺身の時には白ワインを飲んでいます。



また、これ最近気づいたのですが、白ワインを飲んだ次の朝はとても便がきれいなんです。
胃腸の中をきれいスッキリと掃除してくれているのかな?と思うほどに。

調べてみたら、腸内環境のバランスを整え、便秘解消の効果もあるとか。
そう、白ワインには整腸作用があるのです!

気のせいかも・・・と思って何度か試したのですが、やはり白ワインを飲んだ翌朝はとても便通がいいのです。
逆に(かどうか分かりませんが)、私は赤ワインを飲んだ次の日は便通がイマイチ。

というわけで、最近は白ワインを飲む比率が増えています。


こんな健康効果の高い白ワイン、もっと宣伝すればいいのに・・・と思います。
特に便秘で困っている女性が多いですからね。


ちなみに、私は酸味のしっかりしている白が好みです。
シャブリとか、リースリングとか。

これから、季節的にも白ワイン比率が一層増えていくことでしょう。楽しみ楽しみ!


 


おもしろラベル

2018. . 13
今日は今まで飲んだワインでラベルやボトルなどで、
面白いもの、美しいもの、変わったもの、不思議なもの、色がきれいなもの、目を引くものなどの写真を一挙公開。

ravel (20)

ravel (19)

ravel (18)

ravel (17)

ravel (16)

ravel (15)

ravel (14)

ravel (13)

ravel (12)

ravel (11)

ravel (10)

ravel (9)

ravel (8)

ravel (7)

ravel (6)

ravel (5)

ravel (4)

ravel (3)

ravel (2)

ravel (1)

ravel (29)

ravel (28)

ravel (27)

ravel (26)

ravel (25)

ravel (24)

ravel (23)

ravel (22)

ravel (21)


なんか思ったほど大したことなかったな・・・笑。

でもやっぱり魅力あるラベルって大事ですよ。
思わず飲んでみたくなる、買ってみたくなりますからね~。

 


ワイン福袋

2018. . 01
先日、近所の酒屋でワイン福袋ならぬ「お楽しみワインBOX」という企画をやっていました。
エノテカの企画のようです。

2018-2-22 (1)

価格は1本1,500円。
60本に1本だけ1万円のワインが当たると言います。
ボルドー3級のシャトー・ラグランジュです!

最低でも1,800円相当のワインが入っているとのこと。
なんか考えるだけでウキウキしてしまい、購入しました。

バッカスの神よ、我にシャトー・ラグランジュを!!!



楽しみにしながら家に帰り、箱を開けてみると、

2018-2-22 (2)
コルディエラ カリニャン 2013

カリニャン100%のチリのワインでした。
2,500円相当と書いてあったので「ややアタリ」って感じでしょうか。
(ネットで調べたら2,000~2,500くらいで売られていました)

カリニャン100%なんて飲んだことがないので、けっこう楽しみです!
名脇役が主役になったワイン。

明日、飲みたいと思っています。


 


ワイングラス

2018. . 15

2つペアで使っていたリーデルのワイングラスが1つになってしまいました。

先日、2年生の娘に「ワイングラス取って!」とお願いしたら、
「うん!」と言って持ってきてくれたのは良いのですが、
テーブルに置く時に脚の部分を握りながらトンッと置きました。

それだけで、
ポキッ!

あっ、折れた。

・・・・・・・・・・!


叱られると思い顔を引きつらせる娘。

でも私から見ても、そんなにドンと置いたわけじゃないし、娘を叱る訳にはいきません。


そもそもワイングラスって高級であればあるほど薄く細く繊細なので仕方ないんでしょうね。

娘に頼んだ自分のミスでした・・・。(ToT)



しかし、ワイングラスは相当割ってると思いますね。

妻がグラスを洗っていてポキッとやった時もあれば、私がテーブルの上で倒して割ったことも。

いずれにしても、本当に割れやすいのがワイングラス。



そこで、新たなワイングラスを買いました。

2018-2-15.jpg
名付けて「100均グラス」!笑


どこもかしこも分厚いガラスです。
これなら頑丈、めったやたらには壊れないでしょう。


2,000円以下の家飲みワインは全部コレで行きます!



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。